雇う側がどんなところを見ているのか

キャバクラの求人を見て、やっとここのキャバクラで働きたい!というお店を探しても、面接で落とされてしまった、こんなこともよくあります。

そんなことにならないよう、ここでは採用のポイントについてお話しします。

まず、雇う側がどんなところを見ているのかと言いますと、 容姿、雰囲気、やる気です。


時間が短い面接時に1番アピールできるところ

正直なところ、容姿が女優、モデル並みであったら、ほとんどのお店が即採用してくれます。

世の中外見ではないと言いますが、やっぱり外見は大事です(特にこの世界は)。

ですので、女優、モデルにはなれなくても、少しでも自分を綺麗に、可愛く見せる努力が必要です。

ありがたいことに女の子には化粧という秘密兵器がありますので、いつもあまり化粧をしない貴女も、化粧を研究してみてください。

アイラインの引き方、リップの色などで随分変わることができますよ。

外見の話しばかりしてしまいましたが、時間が短い面接時に1番アピールできるところなので、1番心がけるようにしてください。


バイトの面接では気持ちをアピールしよう

あとは暗い雰囲気を出さないこと(お客様もどんより暗い子とお酒を飲みたくありませんよね)。

最低限の礼儀(敬語、一般常識)、そして頑張りたい!という気持ちをアピールしてください。

夜の世界のアルバイトは他のアルバイトと違い、1人1人条件が違います。

例えばきゃばきゃばや体入どっとこむなどの求人サイトでキャバクラバイトを検索してみると、

キャバクラだけでなく高級クラブからガールズバーまで様々なお店が、

未経験OKやシフト自由など、条件の違う求人情報を出している事がわかります。

この子を雇いたい!とお店に思わせれば、よりいい条件で雇ってもらうことができますよ。

キャバクラバイト面接Q&A

キャバクラのバイト面接には何が必要なの?
面接には、必ず身分証が必要です。

ほとんどのお店で顔写真付きの身分証が必要になりますが、持っていない場合は事前にお店へ確認してください。
その日に体験入店もするなら、ハンカチ・パーティーバッグ・ストッキングは最低限持って行きましょう。
ドレスやサンダル、ライター、ボールペンはお店で貸してくれることもありますが、サイズが合わなかったり、地味なものしかなかったりするので、自分で用意したものを持っていくほうがベストです。

どんな服装で行けばいいの?
面接するお店の雰囲気に合わせた服装がいいでしょう。

面接する人が貴方を見たときに、働く姿をイメージできるような、女性らしい服装がいいでしょう。
パンツよりスカートやワンピースが好ましいですが、綺麗めな格好であればパンツスタイルでも問題ありません。
ただし、ダボダボのパーカーにスニーカーなど、キャバクラのイメージに合わないような服装は避けましょう。

面接ではどんなことを聞かれるの?
下記をご確認下さい。

よく聞かれる質問としては、「週何日・何時間勤務ができるのか」、「お酒はどのくらい飲めるのか」、「ダブルワーク(昼職)はしているか」、「キャバクラの経験はあるか」など。
ダブルワークをしている場合、この仕事との兼ね合いは問題ないかを聞かれます。
キャバクラ経験者の場合は、前のお店でいくら給料をもらっていたか、お店に呼べるお客さんは何人いるかなどを聞かれることが多いです。

お酒が苦手なんだけど、キャバクラでは働けないの?
いいえ、そんなことはありません。

お酒が飲めない子でも働くことは可能です。
お店を選ぶときは、求人情報に「お酒が飲めなくてもOK!」と記載されているところを選ぶと良いでしょう。
スタッフが協力して、お酒に見せかけたノンアルコールカクテルやソフトドリンクを出してくれることもあります。
飲めなくても、お客様を楽しませる気持ちや、雰囲気作りが大切です。

採用されやすいのは、どんな子?
キャバクラの仕事は第一印象が大事です。

毎日新しいお客様と接するわけですから、第一印象が悪い子は採用されません。
もちろん容姿も大切ですが、笑顔で、やる気のある子をお店は欲しがります。
何か目標がある場合、それを具体的に伝えると良いでしょう。
また、勤務日数が多く、働ける時間も長いほうがお店にとっても嬉しいため、採用される可能性は高くなります。

面接で気をつけることってあるの?
キャバクラは接客業です。最低限のマナーは守りましょう。

相手の目を見て、タメ語ではなく、きちんと敬語で話しましょう。
また、足を組んだり、肘をついたり、面接中に携帯をいじるなどもNGです。
万が一面接時間に遅刻しそうになったら、必ず連絡をすること。
質問されたことに嘘をつくこともいけません。