雇う側がどんなところを見ているのか

キャバクラの求人を見て、やっとここのキャバクラで働きたい!というお店を探しても、面接で落とされてしまった、こんなこともよくあります。

そんなことにならないよう、ここでは採用のポイントについてお話しします。

まず、雇う側がどんなところを見ているのかと言いますと、 容姿、雰囲気、やる気です。


時間が短い面接時に1番アピールできるところ

正直なところ、容姿が女優、モデル並みであったら、ほとんどのお店が即採用してくれます。

世の中外見ではないと言いますが、やっぱり外見は大事です(特にこの世界は)。

ですので、女優、モデルにはなれなくても、少しでも自分を綺麗に、可愛く見せる努力が必要です。

ありがたいことに女の子には化粧という秘密兵器がありますので、いつもあまり化粧をしない貴女も、化粧を研究してみてください。

アイラインの引き方、リップの色などで随分変わることができますよ。

外見の話しばかりしてしまいましたが、時間が短い面接時に1番アピールできるところなので、1番心がけるようにしてください。


バイトの面接では気持ちをアピールしよう

あとは暗い雰囲気を出さないこと(お客様もどんより暗い子とお酒を飲みたくありませんよね)。

最低限の礼儀(敬語、一般常識)、そして頑張りたい!という気持ちをアピールしてください。

夜の世界のアルバイトは他のアルバイトと違い、1人1人条件が違います。

例えばきゃばきゃばや体入どっとこむなどの求人サイトでキャバクラバイトを検索してみると、

キャバクラだけでなく高級クラブからガールズバーまで様々なお店が、

未経験OKやシフト自由など、条件の違う求人情報を出している事がわかります。

この子を雇いたい!とお店に思わせれば、よりいい条件で雇ってもらうことができますよ。